成年後見助成基金

低所得者でも利用できる制度とするために

所得が少ないからといって成年後見制度が利用できないことのないように、リーガルサポートが委託者となり「公益信託 成年後見助成基金」を設けました。

「公益信託 成年後見助成基金」への寄付・特定遺贈のお願い

  • 成年後見制度の費用を助成する基金です。
  • 現状では費用を支払う資力がないと、成年後見制度の利用が困難です。
  • このような経済的理由により、成年後見制度を利用できないことのないように、一つの仕組みをつくろうとしています。

それが、この「公益信託 成年後見助成基金」です。


公益信託成年後見助成基金の主な財源は、寄附や遺贈です。

一人でも多くの方が、成年後見制度を利用することができるよう、ご支援をお願いいたします。

なお、遺贈の場合は、①金銭による特定遺贈(注1)又は②基金への金銭による寄附を負担と

する基金以外の方への負担付遺贈となるようにお願いいたします。

基金への包括遺贈(注2)はお受けできませんので、ご注意ください。

また、相続人の遺留分(民法第1042条)を侵害する等の相続人間のトラブルに巻き込まれ

る蓋然性が高い内容の遺贈については、お受けできない場合がありますので、ご注意ください。

 

(注)1.特定遺贈とは、相続財産中の指定された特定財産を目的とする遺贈です。

     (例)「金500万円を甲に遺贈する」

   2.包括遺贈とは、相続財産の全部又は一部の割合で示された部分を目的とする遺贈です。

     (例)「遺言者の有する一切の財産を甲に遺贈する」

        「遺言者の有する一切の財産のうち、2分の1を甲に遺贈する」

「公益信託 成年後見助成基金」への申込み

公益信託成年後見助成基金へのお申込みは毎年4月ですので、ご注意ください。

また、旧様式の申込書では受付できません。以下の新様式(R1.8改訂版)の申込書でお願いいたします。

①第20回募集要項はこちら

②申請時の留意点はこちら

③助成金申込書【新規】はこちら (R1.8改訂版)

④新規用記入見本はこちら                                    

⑤助成金申込書【継続】はこちら(R1.8改訂版)                          

⑥継続用記入見本はこちら