一人暮らしになり将来が不安

子どもがいない真由美さんは、夫が他界し、現在一人暮らしです。
数年前に仕事も退職しています。

夫ノリスケ病気で他界・子供無し 最近、足腰も悪くなってきて将来のことが心配になってきました。病気で入院するかもしれません。認知症になって、わからなくなってしまうかもしれません。

隣の奥さんが「私がやってあげるわよ」と言ってくれています。自宅のこととか、年金のこととか、通帳のお金を出し入れとか・・・そんなことをやってもらうのは申し訳ないと思ったり、どことなく不安があるのです。お言葉に甘えるしかないと思っているのですが、何か良い方法はありますか?

信頼できる方と任意後見契約を結ぶ

信頼できる方と任意後見契約を締結しておくという方法があります。

あなたがその方に財産管理をお願いしていなければ、その方はあなたに代わって通帳からお金を引き出すことはできません。口約束だけでは将来に備えたことにならないのです。

それでは、お任せするという契約書を作っておけばいいのでしょうか?
答えはNOです。
その方が仮に不正をしても、判断能力が衰えたあなたにはクレームを言うことすら出来なくなっていると思われるからです。


そこで登場するのが、この「任意後見契約」という契約です。この契約の最大の特徴は、この契約を利用すれば、裁判所が、その方を代わってチェックする監督人を付けてくれるという点です。

裁判所→選任→任意後見監督人「私がチェックします」→安心!!

この契約をしたからといって、今からお願いしたわけではありませんから、いつもと変わらない生活を続けてください。
将来あなたが認知症になったとき、この契約の効力が生じ、監督人が選ばれ、信頼できるその人(任意後見人)があなたのためにいろいろな支援を始めてくれます。
だから、任意後見契約は、将来の「安心」を買う保険のようなものです。


任意後見契約について詳しく知る

1人暮らしになり将来が不安の方へ 他のケースはこちらから

安心して利用していただくために

何か困ったことや分からないことがありましたら、
リーガルサポートにご相談ください。
最寄りの支部に相談