将来は任意後見で万全?

子どもがいない真由美さんは、夫が他界し、現在一人暮らしです。
数年前に仕事も退職しています。
このたび、将来のことを考え、任意後見契約を結びました。

夫ノリスケ病気で他界・子供無し 真由美さんは、任意後見契約を結び安心していました。
ところが、「任意後見は、(法定後見も含む)真由美さんが死亡すると終了する」と聞きました。
任意後見契約をすれば、その任意後見人が、私の死後の整理も当然してもらえると思っていたのですが、ダメなのでしょうか?

遺言や、死後事務の委任契約を活用する

遺言は最後の自己決定。(私の想い)私が私であるために、自分の気持を大切にして遺言として残しておきたい。

本人の死亡によって任意後見契約は終了してしまいますから、その後、後見人には何の権限もなくなってしまいます。そこで活用したいのが、遺言と死後事務の委任契約です。


遺言

遺言で決定できること
【1】相続に関する遺言事項

「知的障害のある子供に多く相続させたい。面倒を見てくれたあの人にも残したい。」このように、自分の財産を自分の気持ちに従って指定することができます。他に推定相続人の廃除/廃除の取消も遺言ですることができます。

【2】身分上の遺言事項

子の認知や未成年後見人・未成年後見監督人の指定ができます。

代表的な遺言のしかた
【1】公正証書遺言

あなたの意向をもとに公証人が遺言書を作成します。公証役場で遺言をしますが、自宅・病院などでもできます。

公証役場に原本が保管されます。

【2】自筆証書遺言

自分で全文と日付と名前を書き印鑑を押します。間違えたときの訂正方法はとても複雑です。なお、死後に裁判所で検認を受ける必要があります。

保管中に改ざんされないように注意が必要です。


死後事務の委任契約

亡き後の入院費の精算や葬儀、納骨などはいったいどうなってしまうの?

あなたの亡き後、任意後見契約は終了しますから、付随的な契約として、これらのことも死後事務の委任契約をしておくことができます。

安心して利用していただくために

何か困ったことや分からないことがありましたら、
リーガルサポートにご相談ください。
最寄りの支部に相談