利用シーン

成年後見制度は、判断能力が不十分な方々を、
法律面や生活面で支援する制度です。
では、どういった方が利用できるのか、
いくつか場面を紹介いたします。

ケース1

ひとり暮らしだがまだ十分やっていける。しかし、将来は施設に入る手続きをしたり、費用を払ってもらいたい。併せて、これまで経営してきたアパートの管理もお願いしたい。場合によっては、今から支援を頼みたい。

詳しくはこちら

ケース2

アルツハイマー病と診断された。
今一人暮らしだが、自分の意思で悔いのない人生を送りたい。

詳しくはこちら

ケース3

使うはずもない高額な健康器具など頼まれるとつい買ってしまう。今後が不安。

詳しくはこちら

ケース4

私が死んだり、認知症になったときに知的障害のある子供の将来が心配。また、私自身の生活のことも不安。

詳しくはこちら

ケース5

認知症の父の不動産を売却して入院費にあてたい。

詳しくはこちら

ケース6

認知症で寝たきりの父の面倒をみて財産管理をしてきたが、他の兄弟から疑われている。

詳しくはこちら

ケース7

知的障害者の施設です。障害者年金を親族が管理しているが入所費用やレクレーションの費用を払ってくれないので困っている。

詳しくはこちら