老後のひとり暮らしで財産管理の支援を受けたい

あなたは大丈夫?老後の財産管理

老後のことを考えると、お金のことや健康、その他日常生活に関する様々なことが不安に思えてくるものです。特に、ひとり暮らしの方は、身の回りのことをすべて自分ひとりでやらなくてはならないため、より負担が増えてしまいます。なかでも、財産の管理は生活を維持するために最も大切な問題です。

しかし、年をとるにつれて判断能力が衰えると、貴重品の管理や家計のやりくりが困難になります。さらに、認知症などになってしまった場合は、自らの力で意思決定をすることすら難しくなってしまいます。うっかりしたことで大切な財産を失うことになってしまったら、老後生活の糧が失われ、途方に暮れることになってしまいます。

今は元気に暮らしていても、「老後はお金に関することで、誰かに支援を受けられたら」、と考える方も多いでしょう。安心して老後生活を迎えるために、どのような制度があるかを知り、あらかじめ準備をしておきたいものです。では、老後のひとり暮らしでは、具体的にどのような場面で支援が必要となるのでしょうか。

困ったときこそ適切な判断と対応を

老後のことでまず心配になるのはお金です。収入と支出のバランスを考え、家計をやりくりしなければなりません。家賃や光熱費の各種支払いの手続きを含め、適切な収支計画を立てることで、無理なく安定した生活を送ることができるのです。

また、高齢にともない病気を発症するリスクも高くなります。突然病気になって倒れ、入院することになった場合は、入院手続きや入院費用の支払いも困難になります。そのようなときに書類の記入などの手続きをしてもらえれば、精神的な負担はかなり減らせます。治療費の支払いも、銀行でお金を下ろすことになった場合は、代行してくれる人がいると助かります。

さらに、介護施設に入居するための資金として不動産を売却したいと思っても、認知症で判断能力が低下している場合は、契約の締結ができないこともあります。正確な判断が求められる大切な契約をするときは、やはり信頼がおける人の支援が必要になります。

このように、老後のひとり暮らしを安心して過ごすためには、財産の使い道や各種手続き、身上監護に関する契約において、適切な対応や判断が求められます。そのための支援制度について、特にひとり暮らしの方は今から理解を深め、利用を考えてみてはいかがでしょうか。

老後の財産管理が不安な方へ

老後の財産管理が不安な方は
任意後見制度を利用しましょう
任意後見制度