年金などを管理している親族から施設費の支払いが滞っている

施設の入所費用を親族が支払ってくれない

認知症や知的障害などがあり、施設に入所している方で、その方(本人)の財産・年金などを事実上管理する親族から施設の支払いが滞っているというケースがあります。

こうした場合に、本人のお金がきちんと本人のために使われるようにするには、どうすればよいのでしょうか。

法定後見制度で、正しい財産管理を

このような場合は、「成年後見制度(法定後見制度)」の利用を考えることが必要になります。本人の財産を管理するべき者が無いと本人の生活が守られなくなってしまうからです。

とはいっても施設が申立人となって本人の成年後見開始等の申立てをすることはできません。施設としては、親族にその申立てを促したり、関係する自治体と連携を取り首長申立てが可能であればこれを促したりする程度です。

親族も、当初は、本人のことは「自分たちで管理できるから大丈夫、成年後見制度の利用は必要はない」と思っていたかもしれません。しかし長年管理を続けていくうちに親族自体が高齢となったり・病気となったりなど、いろいろな事情から現状管理できないのかもしれません。現状を放置すれば本人や施設が困るだけでなく、親族は本人に対して経済的に虐待しているものと判断されるかもしれません。


本人について後見制度の利用を検討してほしいといった要請を親族が施設などから受けたときは本人の将来を考えしっかりと検討・協力いただく必要があります。なお、成年後見人となるのは、親族など近い者でなければならない、また個人でなければならないということもありません。家庭裁判所は様々な事情を考慮して成年後見人等を選ぶことになります。


ちなみに、成年後見人は本人の財産管理や必要な法的手続きなどを代理することはできますが、本人の身元引受や身元保証人になることはできません。また、本人が手術や延命治療などの検討が必要になったとき、それに同意する権利もありません。

老後の財産管理が不安な方へ

老後の財産管理が不安な方は
任意後見制度を利用しましょう
任意後見制度